ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、店長の岸田です。
勤労感謝の日から始まりました三連休、皆様いかがお過ごしでしたか?

私たち不動産会社の多くは土日、祝日はお客様が物件や建物をご見学に来場される可能性が最も高いので休まずに営業しております。
不動産業界の定休日は水曜日が最も多いのではないでしょうか。なぜ不動産業者の定休日が水曜日が多いのか??疑問に思う方も多いかと思います。

一般的に良く言われているのが、「水」みず、という事で「契約が水に流れる」という言葉があるように縁起が良くないから、また「水害」を連想させ縁起が良くないから。などという縁起を担いでという説です。

しかし、縁起だけではない理由があります。不動産業界でも一般の方が顧客となる販売会社、建築会社の営業マンは土日、祝日にお客様との商談があり、最重要日となるからです。
土日、祝日のお客様との商談に向け、木・金曜日に準備を整えます。土日、祝日に商談、月曜日に物件調査、融資相談など契約に向けた準備となりますと平日の中日水曜日が休むには都合が良いという事になります。

ただし、社員も当番制で水曜日でも営業している会社は多いと思います。
当社もお盆、お正月以外は休まずに営業しております!

三連休いかがお過ごしでしたか?業界により定休曜日が異なるのは気になりますよね。多くの方が利用される、理容業界がなぜ月曜日・火曜日定休日が多いのか??

疑問に思い調べてみましたが意外な理由でした。それは第二次世界大戦前後まで遡ります。

当時の日本は渇水や石炭不足で電力供給が追いつかず、休電日を設けていたそうです。「電髪」と呼ばれる電極を頭髪につけて行う電気パーマが当時流行しており、何かと電気を使用する理容店は休電日にはお休みするしかなかったそうです。

関東地方の休電日は火曜日が多かったそうですが、全国的には月曜日が休電日だった為、現在でも月曜休みが多いのは歴史をたどると色々あるようですが割愛させていただきます・・・

どちらの業界も同じだと思いますが、業界内の研修やセミナー、イベントは業界慣習の定休曜日に開催される事が多いので、足並みをそろえる意味でも自然と慣習にならうことになると思います。

不動産業界は土日、祝日が休むことが難しい業界ではありますが、家庭があっての労働です。社員のモチベーションが維持できる、ご家族のご理解とご協力が得られる職場づくりというのは、人材育成する上で重要な企業テーマなのかもしれませんね。 

街中でご家族そろってお出掛けしている姿をみると羨ましいなと思うと同時に、仕事が休みでも家族サービス大変だな、お疲れ様でございます・・・とお父さんの姿を見ると思うのでした。

店長 岸田 昇

 

コメント等ございましたらこちらから

コメントや問い合わせをする▶

 

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全7ページ中)