ページトップへ

スタッフブログ

スタッフの竹田です。
仕事がら、不動産建築関連のメルマガの配信を受けていて、今回はちょっと気になった記事があったので紹介しようと思います。

調査東京都品川区にあるハイアス・アンド・カンパニーが8月30日に発表した全国の住宅購入者および住宅購入を検討中の消費者の意向、動向を探るために実施した市場調査の結果によると、物件の比較検討時に重視するのは、建売・注文住宅検討者ともに「立地」が1位でした。
注文住宅検討者は、断熱性・気密性・防音性といった「性能」を重視する割合が高くなっており、検討時に不安に思っていたことについては、「建物の性能に関する知識不足」がトップで、「立地・周辺環境に関する情報不足」が続いていました。

不動産を購入するにあたっては「立地」「建物の性能」が大きな要因になっているということですね。

では、不満についてはどうでしょうか?
調査では建売(分譲)住宅について、「自分で(仕様が)決められない」「外観が他の家と似ている」「希望に対してのできることが少ない」が挙げられていました。
また、調査では、間取や建物仕様を自由に決められる注文住宅について、「金額(予算)」「仕様を決めるのが手間」「理想の家づくりができるのか不安」という声があるのも事実で、お客様のある種の葛藤みたいなものが垣間見れます。

コストパフォーマンスが高い建売住宅ですが、出来合いのものだから、ある程度合わせてね…というのは仕方がない事かもしれません。しかし我々業者としては、このようなお客様のニーズを汲み取る努力が必要ということなのかなと。

場所や建物などの性能の情報については、一般の人でもネットなどで入手しやすくなった昨今。自分がお客様の立場だったらある程度自分で調べちゃいますからね。したがって、お客様が不動産や建築会社のスタッフに求めていることは、やはりプロとして信頼できるアドバイスに尽きるのと思います。
一般のお客様が家づくりをする際に、その会社(業者)が、不動産や建物の情報だけに限らず、お客様一人一人に合わせた『家づくりへの提案&アドバイス』がちゃんとできるのか…ということが重要になってくるのかなと感じた記事なのでした。

 

※情報元 
ハイアス・アンド・カンパニー 住宅購入者及び住宅購入検討者の住宅取得における行動、意向に関する調査 https://www.hyas.co.jp/

 


 

友だち登録でお得な情報をGET!
山口企画設計のLINE@です。

友だち追加


 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)