ページトップへ

すべての記事

新築する際、建物の建築費用以外にどんな費用が掛かりますか?

全ての費用購入が決まったら建物の金額の他にどんな費用がどのくらい掛かるのか気になりますね。
どんな費用がどのくらい掛かるのかを簡単にお教えします。

購入する物件が決まったらすぐに掛かるお金は、

●申し込みますよと不動産に伝える「申込証拠金」(2万円~10万円)
*契約が成立しなかったら戻ってきます。

●やっぱり買うのをや~めたと簡単にならないように「手付金」
*物件の5%~10%と言いますが、現在は100万円ほどが多いです。

●「印紙代」(1万円~3万円)
*印紙税は変わるので、最新情報を確認したほうが良いです。

次に、家を引き渡してもらうまでに支払うお金は

●契約書に貼る「印紙代」(借入額が1000万を超えて5,000万円以下の場合だと2万円。)
●ローン借り入れ費用や登記費用など、購入初期費用。
(目安)
 新築マンション・・・価格の3%~5%
 一戸建て・・・6%~10%

*物件の条件や住宅ローンの借入額などによって差があります。

引き渡し後に支払うお金は

●引っ越し代や家具購入などの入居費用

例)4人家族の一般的な引っ越し費用の目安は15万程度です。

そして、引き渡しの半年~1年半後に納税通知が来る「不動産取得税」

*「不動産取得税」とは・・建物や土地を取得するとかかる税金です。床面積50平米から240平米など条件によっては軽減措置が受けられ、新築マンションなどでは税額0のケースも珍しくありません。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

すべての記事

トピックス