ページトップへ

すべての記事

フラット35とは?

フラット35とは?フラット35ってよく聞く言葉ですが、なんだろう?と思っている方も多いはず。
簡単に説明すると、銀行と住宅金融支援機構(金融サービスを通して、住生活の向上に貢献している組織)がコラボレーションした
最長35年返済、金利が長期固定の住宅ローンです。

金利は借入れをした時に決定するので、「毎月の返済額が決まっているから安心♪」というお客様の声を良く耳にします。

ではフラット35の住宅ローンは本当にいいのかな?
他のローンに比べて、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

〇 市場の金利が上がっても借入れ時に決めた金利からは上がりません。
〇 借入れ時の審査は住宅の機能性が重視です。
〇 個人事業主・社長・契約社員・健康状態が不安な方でも可能。
〇 勤続年数が1年未満と短くても可能。
〇 繰り上げ返済可能で手数料もなし。
〇 団体信用生命保険の加入は自由(住宅ローンの契約者が亡くなった場合や高度障害の状態になった場合
〇 育休・産休でも、ローンが払えると自己資金の証明、働いている証明ができれば借入れ可能。

 

デメリット
〇 市場の金利が下がっても借入れ時に決まった金利は安くならない。
〇 原則として家の価格の9割までの融資(10割融資もある)
〇 団体信用生命保険が割高になる。
〇 諸費用はローンに含めない。

 

メリットとデメリットを踏まえて、勤続年数が短くても家が欲しい方や、初期費用などの自己資金がある程度ある方には向いている住宅ローンだと言えます。

ちなみにフラット35の中には、フラット35Sや返済期間が20年のフラット20、フラット50などもあります。
自分に合った住宅ローンを組めるといいですね。

すべての記事

トピックス