ページトップへ

すべての記事

断熱材の種類は?

吹付け発砲プラスチック
<繊維系グラスウール>

断熱材にはどんな種類があるの?

断熱材の種類は大きく分けて、「繊維系」「発泡プラスチック系」に分かれます。
「繊維系」と「発泡プラスチック系」にはどんな種類があるのか、簡単にまとめました。

【繊維系】グラスウール・・防音性と火災に強く、害虫を受けることもない。
【繊維系】セルローズファイバー・・比較的効果で、施工に手間がかかりますが、難燃性や防虫効果があり調湿性に優れている。

【繊維系】インシュレーションボード・・廃材の木材を利用して作られたボードで、調湿性があり、露結にも対応でき、多孔質で消臭効果にも優れています。

【繊維系】羊毛断熱材・・湿度を一定に保つ調湿性に優れ、熱伝導率の低さで安心感があります。
【繊維系】ロックウール・・耐火性・吸音性に優れていて、水分を抱えず撥水性が高い。
【発泡プラスチック系】硬質ウレタンフォーム・・透湿への抵抗力や耐久性に優れていて、長期的に安心で省エネルギー効果が高い。
【発泡プラスチック系】ビーズ法ポリスチレンフォーム・・水を通しづらく耐久性に優れ、施工が容易であるため比較的安価でトラブルも少ない。
【発泡プラスチック系】フェノールフォーム・・難燃性・防火性・耐薬品性に優れ、延焼を招くことがない。

 

当社建築の建物が主に採用している断熱材は、硬質ウレタンフォームです。

複雑な構造の住宅も現場で吹き付けて、発泡させるため隙間なく施工でき、また、自己接着力によって躯体との隙間ができにく、長期間にわたって優れた断熱・気密性を維持するため、省エネルギー効果の高い住宅になります。

吹付硬質ウレタンフォーム
<吹付け硬質ウレタンフォーム>

 


それぞれに性能や価格面でのメリット・デメリットがありますが、自分の大切なお家の断熱材です。希望に合った断熱材で、快適な生活を送れるといいですね。

すべての記事

トピックス