ページトップへ

豆知識/生活の知恵

アルミ鍋の嫌な黒ずみを取る簡単な方法。

アルミ鍋の黒ずみって取れるの?

アルミ鍋の嫌な黒ずみを取る簡単な方法アルミ鍋を使っている人の悩みでよく聞くのは鍋の内側が黒ずむとの事。
これは「黒変化現象」といって、主な原因はアルミニウムと水が反応を起こし、表面に付着した水酸化アルミがさらに水中のミネラル分と混ざり合って鍋表面に固着して黒ずみとして見えています。
ちなみにこれらが人体に悪影響を及ぼすことはないそうです。
黒ずみを金たわしなどで一生懸命こすってみるものの、傷はつくのに全然おちてくれないって事ありますよね?
今回はそんな頑固な黒ずみを落とす方法をお教します。

  

アッと驚く方法

この嫌な黒ずみを取るには、リンゴの皮です!

鍋にリンゴの皮や芯と、黒ずみの位置までの水を入れて沸騰させます。
15分ほど煮て冷ましたあと、擦り落とすことができます。

*リンゴは多い方が効果があります。ちなみにレモンでもOKです。
黒ずみと一緒に酸化被膜もはがれていますので、そうならないための鍋のケアも大切です!
ケアのやり方は、米のとぎ汁か野菜のくずを煮立たせて即席酸化被膜を作ってよく乾かし、空気に触れさせて下さい。

(注意)これをしないですぐ煮炊きすると、また黒ずんでしまうので必ずケアをして下さいね^^

豆知識/生活の知恵

豆知識/生活の知恵
トピックス