ページトップへ

すべての記事

住宅ローン控除とは?

住宅控除とは?住宅ローンの減税制度の正式な名前は「住宅借入金等特別控除(特定増改築等)」。
なんだか難しそうな言葉ですね。

簡単に説明すると、家を購入したり、増改築やリフォーム工事をして住宅ローンを組んだ際、ある一定の金額が年末調整の時に還付されるので、お得感の高い減税制度です。(*注意*実際に毎月のお支払いがお安くなるわけではありません)

 

実際にどんな条件でどのくらいの控除が受けられるのでしょうか?

条件はこちらになります。

(新築で家を建てた場合)
〇10年以上の住宅ローンを組んでいる方。
〇自分で所有していて、住んでいる住宅がある方。
〇床面積が50㎡以上の住宅を所有している方。
〇年収が3000万円以下の方。
〇住宅の工事が完了して、6か月以内に住む方。
〇床面積が2分の1以上が居住用の家に住んでいる方。

 

上の条件にプラスして 

(中古の住宅の場合) (増改築やリフォームをした場合)
〇木造築20年以内。マンション25年以内であること。
〇耐震基準を満たしていること。
〇既存住宅売買瑕疵保険に加入していること。
(雨水などの侵入を防止する部分などの保険です。)
〇大規模な修繕や模様替え
〇マンションなどの所有している部分の床や階段や壁の過半の修繕や模様替え
〇バリアフリーの改修工事
〇省エネ改修工事
〇耐震改修工事
〇補助金等の額を除いた工事の費用が100万円であること。

 

この条件に満たしている方が、控除を受けることが出来ます。
満たせていますか?

では、どのくらい控除してもらえるのかな?一番気になるところですね。

年間でもらえる控除額の最大は40万円!!

控除してもらえる期間は10年間!!

住宅ローンの借入金額によって控除額が変わってきます。

算出方法は、

住宅ローンの年末残高×控除率1%(ただし、最大控除額以下)

 

この式で計算すると、

(例)住宅ローンの年末残高が3000万円の場合・・・

3000 × 1% = 30万円

30万円と最大控除額の40万円の少ない方の額。
つまり、この場合は30万円の住宅ローン控除可能額となります。

10年間だと、なんと300万円も控除されるんですね。すごく得した気分になります♪

このようなお得な制度が住宅ローン減税(控除)です。

*注意*
新築購入の場合はほぼ利用可能ですが、中古住宅の場合は約半数が利用できないのが現状です。
また、年収によっても控除可能額が変わります。

 

すべての記事

トピックス