ページトップへ

すべての記事

物件を見に行った際には、どこをチェックすると良いですか?

checkするところ

内見に行く時にはどこをチェックするといいのか、失敗しないためにしっかり押さえておきたいところですね。
まずは物件の内見に持って行くと便利な物を教えておきます。

<持ち物>
筆記用具・メモ用紙・メジャー・図面・方位磁針・カメラ・スリッパ・懐中電灯・家具の寸法のメモ

上記は準備しておくと役に立つと思います。
さて、内見する際にはどんな所をチェックするとよいのでしょうか? 新築分譲住宅と中古物件ではチェックすべき場所が多少異なります。

 

新築住宅

まずは新築分譲住宅の場合からお教えします。

1.陽当たり。内見したときは陽が入っていても、1時間だけしか陽が差し込まない事もあるので、家の向きと周りに陽当たりを遮るような建物がないかを確認しましょう。
2.家電や家具が置けるかどうかとコンセントの数や場所もチェックしておきましょう。
3.テレビやネットなどの通信環境は大丈夫か確認しましょう。
4.家具を置いても間取りや広さは大丈夫かな?
5.家の周りの環境は問題ないかな?(お隣さんはどんな人?・スーパーや商業施設は何があるかな?)

 

中古物件

次に中古物件に関して新築分譲住宅のチェックすべきところに加えて、いくつか中古ならではのチェックするべき所をお教えします。

1.天井のシミや外壁、基礎等の亀裂、擁壁の状態、建具の開閉、傾きはないかなど、建物の命である部分のチェックは入念にしたほうが良いでしょう。
2.部屋の臭い。下水や浄化槽など水回りなどの取れないに臭いもあるのでしっかりチェックしておいたほうが良さそうです。

 

 


 

マイホームは大きなお買い物なので、納得がいくまで内見し、譲れないポイントから家族と優先順位を決めてチェックしましょう。

 

 

すべての記事

トピックス