ページトップへ

すべての記事

家を買った後、固定資産税はどのぐらいかかりますか?

固定資産税家を買ったら固定資産税(土地や建物を所有している人が毎年払わなければならない税金)は、いくらくらい払わなければならないのだろうと気になりますよね。
「住宅ローンに固定資産税..毎月やっていけるかな?」と
不安になる方も多いのではないでしょうか?


固定資産税の徴収ミスで、本来払う金額より多く徴収されるということが実際に起きています。固定資産税は他の税額の基準になるので、保険の徴収金額なども変わってきます。聞いただけで怖いですね。
だからこそ自分でも固定資産税がいくらなのかチェックできるようになっておいたほうが良さそうです。
では実際に固定資産税はどうやって計算するのかな? 難しそうだな~と面倒になりますよね。でも大丈夫です! 簡単にお教えします。

まずは、不動産が実際に売買される時の価格(実勢価格)を把握しましょう。
土地の実勢価格は土地の状況などを含めて、1平方メートルあたり、いくらなのかを示した路線価(国税庁のHPにあります)に載っています。
たとえば・・1平方メートル30万円だとして、100平方メートルの土地だとすると、土地の評価額は3.000万円になりますね。
不動産の評価額は、不動産が実際に売買されるときの価格のだいたい70%ほどになので、

      3.000万円(実勢価格)× 0.7(70%) =2.100万円(例) 3.000万円で計算すると

2.100万円が不動産の評価額になるというわけです。

ここまではご理解いただけましたか?
ここまで理解が出来たら、やっと固定資産税の計算です。

固定資産税の計算式は

   不動産の評価額 × 1.4% (標準税率) =固定資産税

 で計算できます。

先ほど不動産の評価額(2.100万円)で計算すると

  2.100万円 × 1.4% =294.000円

固定資産税は294.000円となるわけです。

*ちなみに、一般的住宅を購入した場合には固定資産税を3年間2分の1、マンションの場合は5年間2分の1を減税・優遇される場合があります。

*注意*都内23区であれば標準税率の1.4%に統一されていますが、自治体によっては違う場合がありますので確認してみて下さいね。

 

すべての記事

トピックス