ページトップへ

すべての記事

なぜ登記をしないといけないのですか?

登記しないといけないの?簡単に言うと「この土地や建物は私のものです」と、公的に認めてもらう為に登記をする必要があります。
登記をしていないと「この土地や建物は自分のものだ!」と主張することが出来ないのです。

また、住宅ローンを利用する場合、土地や建物に抵当権を設定しなければなりませんので、不動産の所有者を明確にしておく為に登記が必要になります。

 

 

 

登記とは

登記とは、不動産の情報を法務局で、どこにどのような不動産があって、その不動産にはどのような権利があるのかということを公的に記録してもらうことです。

 

登記の役割

登記は「不動産の表示及び不動産に関する権利を公示するため」に行われます。公示とは誰でも知ろうとすれば知ることができる状態に置くことを意味します。

たとえば、

どこにどのような不動産があって、その不動産にはどのような権利があって、それらを誰でも知ることができる状態に置く。

というのが、登記の役割になります。 

 

なぜ登記情報の公示は必要なのか?

登記たとえば、ある不動産を買いたい人がいても、その不動産の登記された情報が公示されていないと、所有者が誰なのかわかりません。

所有者本人以外は所有者を知らないのですから、他の誰かが自分の物だと主張しても、他の人から真の所有者はわからない状態になります。中には自分が所有者だと偽り、その不動産を無断で使い始める人も出てくる可能性もあります。

それを防ぐためにも、登記された情報が公示されていることによって、誰もがその土地の所有者を確認することができ、所有者本人も他者に対して自分が所有者だと主張することができます
それにより登記されていない偽の所有者は排除され、不動産取引の安全性も高まるということになります。

 

 

すべての記事

トピックス