ページトップへ

すべての記事

効率の良い部屋の換気方法を知ろう!

タイトル

換気システムあなたは換気に注意していますか?

「部屋の空気」を意識するのは、外出から戻って家の中の空気がよどんで感じる時くらいかも知れません。
冬の寒い時期は「窓を出来るだけ開けたくない」と思いますよね。花粉症の人は花粉の時期に窓は開けませんね。換気しなくても気にならないと思う人もいるかもしれません。しかし、換気することは、思っている以上に重要です。

換気のメリットを知って、より快適に暮らしましょう。

 

換気は重要。換気をしないとどうなる?

エアコンが普及した現代人の生活では、窓を開けっ放して外気を通す機会が、昔より減っています。住宅は高気密高断熱化が進み、すきま風が入る家も少なくなりました。その結果、換気の重要性は昔よりずっと大きくなっています。
もしも換気をしないでいると、どのようなことが起こるでしょうか?

 

臭いハウスダストの増加
衣類から落ちた繊維など、室内の空気内には細かなチリが浮いています。外部からの新鮮なく給気が入ってこないと、チリが屋外へ排出されません。

二酸化炭素濃度の上昇
人の呼吸や燃焼式暖房の使用などで、室内には二酸化炭素が発生します。高気密な室内で換気をしないでいると、空気中の二酸化炭素濃度が上がります。

嫌な臭いが発生
換気がないと室内のにおいが外へ排出されません。また、室内に科学物質による空気汚染があれば、空気はどんどん汚れることになります。

ダニ・カビの増加
室内には、目には見えないカビ菌やダニが存在します。清浄なく給気がない室内では、カビ菌やダニが繁殖しやすくなります。

 

換気の方法 

一般住宅の必要換気階数は、0.5回/hとされています。(建築基準法で義務付けられている)。
つまり家の中の空気が、1時間で半分外気と入れ替われ程度の換気量があれば、室内は健全に保たれるということ。
換気の方法としては、大きく以下の通り2つあります。

・自然換気・・・気圧や自然の風の流れで、空気が入れ替わる。
・機械換気・・・換気全などを使って、強制的に室内の空気を入れ替える

 

部屋を寒くしない?さまざまな換気方法

換気方法
換気には、「自然換気」と「機械換気」がありますが、機械換気にはさらに細かく分けて以下の3つの方式があります。

第1種換気「熱交換型換気システム」
機械(ファン)を使って、室内の空気を外へ出し、同時に機械で外の空気を取り込みます。排気の時に捨てられる室内の熱(夏場は冷気)を使って給気を温める(夏は冷却)ので、室内の温度は変化しません。

第2種換気「給気型換気システム」
機械(ファン)によって空気を取り込み、押し込まれた空気で自然に排気します。クリーンルームなどがある建物の喚起方式で、一般住宅ではあまり見られません。

第3種換気「排気型換気システム」
機械(ファン)によって空気を排出し、室内を負圧にする事で、屋外から自然に給気します。トイレや台所など、臭いの出る部屋に使われる換気システムです。マンションなど気密性の高い住宅では、室内の負圧が強くなり過ぎると、ドアが開けにくくなる場合があります。

 

自然換気しやすい住宅のポイント

住まいを健やかに保つために、換気は欠かせません。
機械換気で給排気するのも悪くありませんが、少しの工夫でもっと手軽に換気をすることが出来ます。

「換気」は、いわば家の中へ自然の風を呼び込むこと。昔ながらの住まいの知恵を生かして、上手に換気をしましょう。

ポイント1:風の通り道を作る
例えば窓を開けたら、家の反対側でも窓や戸を開けます。これだけで風の通り道ができて、空気の流れが生まれます。両側の窓がまっすぐ対面していれば、より効果的。新築で家を建てえる時は、風が抜けやすいように窓の配置を工夫しましょう。

風ポイント2:熱の通り道を作る
あたたかい空気は上昇する。この性質を利用しましょう。天井近くにある窓と低い位置にある窓を開けると、熱気のこもった空気は上へ逃げ、下から涼しい風が入ってきます。夏場は特に有効な自然換気。トップライトや掃き出し窓は自然換気に使えます。

ポイント3:ガラリを付けた建具を使う
ガラリとは、目隠ししながら換気が出来るように、羽根板をブラインドのように斜めに張ったものです。ガラリを開ければ、窓(あるいは戸)を閉めたままで空気が入り込んできます。高気密性住宅の場合は、特に有効です。

まずは換気のしやすい住宅を選ぶか、換気のしやすい設備を用意すること。
そして換気に対して意識的になることが大事。自然換気と機械換気を上手に使って、自分や家族の体を守りましょう。

 

 ホーム

すべての記事

トピックス